今も残るマジョリカタイルの施工事例

大正後期から昭和にかけ、ダントーでは国内外にマジョリカタイルを提供していました。
既に1世紀も経過するのですが、今の世界中の建築物にマジョリカタイルは残っており、その芸術性と耐久性は再評価されています。

その一部をご紹介いたします。

 

船岡温泉(京都市北区)

KING OF 銭湯 船岡温泉

銭湯を彩る芸術的なマジョリカタイル

京都にある船岡温泉の歴史は大正12年、初代が料理旅館「船岡楼」として創業したことに始まります。歴代の当主が様々な工夫をこらし現在の形になりました。登録有形文化財にも指定された由緒ある唐破風造の建物です。壁面にはレトロなマジョリカタイルが施され、脱衣場の天井に彫られた鞍馬天狗や透かし彫りの欄間など芸術としか言いようがない装飾の数々をご覧いただけます。

銭湯カフェ・さらさ西陣

カフェにマジョリカ?

船岡温泉街の中の注目スポット「さらさ西陣」。そこは、数年前まで藤の森湯というお風呂屋さんでした。外観はそのままで、浴室内のマジョリカタイルそのままに残してリノベーションされており、ノスタルジックな雰囲気の中、お茶を楽しむことができます。

 

船岡温泉にあるこの2件はぜひ皆さんの目で見ていただきたいです。

 

現代のマジョリカタイル

タイルの工業化が進む中、マジョリカタイルの生産は少なくなっていき、第二次世界大戦やその後の高度経済成長期には生産自体がほぼなくなっていきました。
ダントーでは、過去に何度かマジョリカタイル復刻版を生産してきました。

2017年、単なる復刻ではなく、現代にあった形でマジョリカタイルを進化させたうえで復活させたいと思い、福ラボでは『どんざ』タイルを開発しました。

現代のマジョリカタイルとして生まれ変わった「どんざ」。
カタログはこちら。

 

関連記事:ダントー製マジョリカタイル