軽くて薄いタイルの可能性・・・Dile(ダイル)

こんにちは。

DantoTile 淡路島工場 技術部 技術研究所、所長の堀です。

 

タイルって床や壁に貼るだけの建築建材のひとつだと思っていませんか?

当研究所ではタイルがもっと世の中に普及して様々な用途で使われるように、日々、様々な研究を行っています。

福ラボブログでは、こんなタイルの可能性や近況などを少しだけ発信していきます。


 

今回のテーマは、Dile(ダイル) です。

当研究所では、タイルの新しい可能性として、薄型磁器質タイル300角を開発致しました。

 

 

軽く、薄いというメリットは様々

 

◎在庫スペース

◎工場作業者への重量による負担

◎輸送コスト減少

◎施工職人様への重量による負担

◎建物への重量負担

 

 

タイル厚さは5.5㎜。

重量は一般的な300角磁器質タイルに比べ2/3以下です。

強度もJISの外装壁規準720Nをクリアしている商品になります。

 

ネーミングのDile(ダイル)とは、Danto Tileがお届けする新たなタイルの提案品として認知して頂けることを願い、生まれた名前なんです。

施工方法も大胆に、外装壁では珍しいレール工法も用意しています。

改修、新築、様々な用途で使用して頂けるよう工法を準備中です。

 

薄い、軽いという特徴を生かし、もっともっと新しい用途が生まれていけばいいなあ。

ほり