タイルがスピーカーの音質を変える?!

こんにちは。

DantoTile 淡路島工場 技術部 技術研究所、所長の堀です。

 

タイルって床や壁に貼るだけの建築建材のひとつだと思っていませんか?

当研究所ではタイルがもっと世の中に普及して様々な用途で使われるように、日々、様々な研究を行っています。

福ラボブログでは、こんなタイルの可能性や近況などを少しだけ発信していきます。


今回のテーマは、スピーカーです。

 

前回のブログで発表しましたDileの新用途案です。

 

おしゃれなBARで、流れてくる音楽の心地よい音色・・・。

ふとスピーカーに目をやると、なんだかすごく高級そうなスピーカーじゃないですか。その時は、それで終わったのですが、ある日、研究所内のPCで音楽を流していた時そのBARの音色を思い出しました。
ん???この差は、なんだ?
ペラペラのプラスチックで作られた安物のスピーカーでは、あんないい音は望めませんよね・・・。
そもそものスピーカーの性能なのは仕方がないのですが、簡単にいい音が再現できたらなぁ?

 

そうだ!!!スピーカーにDileを貼って重量感を出したらよくなるのでは?

 

試してみよう!

 

 

うん。見た目も、良いじゃない。

 

肝心の音は?

 

音のビビリが、少ないのでは? 低音が良く聞こえるのでは? 音域が広がったか?

 

 

確かに良くなっている。パチパチパチ。  個人の感想ですが・・・

 

 

 

今後の課題は、これが本当に「いい音になった」という根拠の収集です。

うまくいったらお知らせさせていただきますね。乞うご期待!

 

これからもタイルの可能性を求め、色々と発信していきたいと思います。

 

ほり