階段部分のタイルはこう張る!

タイルの用途

戸建て住宅の入り口、ちょっとした階段。せっかくならコンクリートだけではなくその上にタイルを張りたい!そう思われる方が多いと思います。

タイルを張ると高級感が出ますよね。

階段タイルとは

階段タイルは階段先端の踏面(ふみずら)に使われる役物のタイルです。

段鼻タイルとも言われていて、滑り防止のために筋状の凹凸溝が付けられたノンスリップタイプの段鼻タイルもあります。

最近のタイル事情

最近では大型のタイルで広々した感じを表現したり、木目調・天然石調・瓦調等の様々な模様のタイルがあり個人の好みに合わせたもので施工できるようになりました。

貼り方も通し目地や馬踏み目地に市松模様、少しこだわってヘリンボーンや四半目地のような様々な種類があり意外と頭を悩ませたりもします。

タイルのサイズや模様をうまく生かした貼り方にすればさらに高級感が増してきます。

タイル張りのポイント

タイルを張るポイントとしては、施工面に対して上手にサイズ(寸法)を合わせる事。サイズを合わせる為の加工部分(切断部等)をいかに目立たせないようにするか。後は目地をどのように通すかになります。

階段が多い場合には先端に異なる色で施工してみると階段が認識しやすくなるのでお勧めです。

まとめ

階段部分も少しこだわってみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました