タイルの施工法

弾性接着剤張り工法 ダンクイック工法

 

 

タイルを早く、美しく、お手軽に!専用弾性接着剤を用いた住宅外壁接着剤張り工法

 
タイルの施工性を向上させ、低コストでなおかつ多彩なエクステリアを実現する住宅外壁接着剤張り工法「ダンクイック」。コンクリート・モルタル等を下地として、クラックやタイル剥離・割れを軽減し、目地詰め不要で工期短縮・コスト低減を実現した「ダンクイックM工法(DM工法)」と、窯業系サイディング材を下地として、短い工期・お手頃価格で高級感あふれるタイル外装を実現した「ダンクイックS工法(DS工法)」。あらゆる住宅に対応する二つの工法をご用意し、理想の外壁材「タイル」の装いを可能にしました。


 

ダンクイックM工法(DM工法)

コンクリート、モルタル等を下地として、接着耐久性とすぐれた弾性の専用接着剤 (DQN/ダンクイックニュータフぴた)を用いてタイルを住宅の外壁に施工する乾式工法です

ダンクイックM工法特長

  • ①コンクリート・モルタル下地に施工できます。
  • ②目地詰め不要で工期の短縮、コストの低減をはかれます。 深目地仕上げの意匠での施工が可能です。
  • ③躯体の動きを接着剤層が吸収するため剥離の危険性を軽減します。 弾性接着剤がクラックを緩和し、タイル割れを軽減します。 接着剤が防水となるため、白華、粉吹きを抑制します。
  • ④特別な下地を必要としないためコストの低減をはかれます。
  • 適用範囲

    適用下地

    1.コンクリート下地
    2.コンクリート + モルタル下地(金ゴテ仕上げ)
    3.プレキャストコンクリート
    4.ECP(押出成セメント板)
    5.ALCパネル
    6.コンクリートブロック + モルタル
    7.ラスモルタル下地

  •  *コンクリートやモルタルを乾燥・硬化させるため、コンクリート躯体の養生期間は1ヶ月以上、モルタル塗りからタイル張りまでの養生期間は夏場で7日間、冬場で14日間以上としてください。
  •  *適用下地1~4については、原則として「外装タイル弾性接着剤張り工事 標準仕様書・同解説」(全国タイル業協会・全国タイル工業組合)に準拠してください。
  •  *ECP(押出成形セメント板)下地は厚60㎜以上で、表面がフラットな製品を使用してください。
  •  *ALCパネル下地につきましては、「ALCパネル現場タイル接着剤張り 工事指針(案)・同解説」(日本建築cc仕上学会)に準拠してください。
  •  *適用下地6、7については、3階建てもしくは13m(軒高さ9m以下)の住宅の外壁に適用してください。
  •  *寒冷地などにおいて、下地に凍害が発生する可能性がある場合は施工しないでください。
  •  

    構成図


     

    ダンクイックM工法のメリット


     
    剥離の軽減
    在来工法の場合、躯体が乾燥等の影響を受けて収縮する際、界面剥離や裏あし破断による剥離が起こる可能性があります。ダンクイックM工法は、躯体の動きを弾性接着剤の層が吸収し、剥離の危険を軽減。安全な壁面に仕上げます。
     
     
     
     
    タイル割れの緩和
    コンクリートの躯体は、乾燥による収縮や熱や地震等の影響により、クラックの発生する可能性があります。また、モルタルはかかる力を直接タイルに伝えるため割れることがあります。ダンクイックM工法は、弾性接着剤がクラックの表面露出をシャットアウト。タイル割れを緩和します。
     
     
     
     
    白華・粉吹きの抑制
    コンクリートやモルタルに含まれるセメント成分が、年月を経てタイル表面に露出する白華・粉吹き。
    この汚れを抑制できるのもダンクイックM工法の特長です。外部からの水の浸入を防ぐとともに、内部からの露出を抑制。接着剤層が防水となるため、美しいタイルをキープします。

     


     

    ダンクイックS工法(DS工法)

    窯業系サイディング材を下地として、専用の弾性接着剤(DQN/ダンクイック ニュータフぴた)を用いてタイルを住宅の外壁に施工する乾式工法です。

    ダンクイックS工法特長

  • ①住宅の外壁にタイルを早く確実に施工することができる、信頼性の高い工法です。
  • ②窯業系のサイディングを下地として使用する乾式工法なので、下地の養生期間が不要で、工期が短縮できます。
  • ③焼きもの独特の色合いや質感で住まいの表情も多彩に、しかも格調を高めることができます。また、タイルの持つ優れた耐久性で住まいを守ります。
  •  

    構成図


     

    適用範囲

    建物の構造と仕様

    3階建て、もしくは13m(軒高さ9m)以下の住宅の外壁に適用ください。

    サイディング 一般地域 寒冷地域
    メーカー/シリーズ 品番 寸法(mm) タテ張り ヨコ張り タテ張り ヨコ張り
    ケイミュー㈱
    エクセレージ/セラディール
    エクセレージ14広幅 ES1680WK/LK 14X910/1,000X3,030 X X X
    セラディール14広幅
    RZ1360C
    14X910X3,030 X X X
    ニチハ㈱
    モエン大壁工法パネル※
    W/EX
     
    タイルベースW
    WLX100/WLX100S 14X910X3,030/2,730 X X X
    EMX100/WMX100S 14X1,000X3,030/2,730 X X
    WHYBASE14 14X455X3,030 X X
    ※モエン大壁工法は、沖縄県では販売しておりません。
    ※注意 鉄骨造の建物には適用できません。

    【寒冷地域】北海道、東北六県、新潟県、長野県、富山県、石川県、福井県、栃木県(北西部)、群馬県(北部)、山梨県、岐阜県(下呂周辺以北)、滋賀県(彦根市以北)、京都府(園部町・京北町周辺以北)、兵庫県(和田山以北)、紀伊山地、四国山地、九州山地、その他山間部など、結露・凍害が起こりやすい地域
     

    ダンクイックS工法の構成材料

     

    ジョイントテープ(サイディングの継目テープ)
    品名 品番 幅・長さ 厚さ 適用タイル
    ダンクイックテープ DQT-160 幅160㎜×長さ20m/巻 0.75㎜ 50㎜二丁~50㎜三丁
    (ブチルゴム系) DQT-230 幅230㎜×長さ20m/巻 ボ-ダ-・二丁掛け等

    ※タイルの大きさにより、使用するジョイントテープの幅が変わります。
    ※ジョイントテープは、必ずブチルゴム系を使用してください。
     

    システム重量と仕上り厚さ
    システム構成 システム重量(㎏/㎡) 仕上り厚さ
    (㎜)
    目地詰め仕様 目地詰め不要仕様
    サイディング材+タイル (50㎜角~50㎜三丁) 28~30 26~28 20~21
    サイディング材+タイル (ボ-ダ-~50㎜四丁) 34~35 32~33 23~24
    サイディング材+タイル (二丁掛け) 33~35 31~33 21~23

     

     

    その他の施工法

     

     

    関連ページ

    • タイルのお手入れ
    • タイル施工法
    • 用語解説
    • タイルの品質管理
    • エコロジー