エコロジー

ハイドロテクト



ハイドロテクトは光触媒を利用し、光や水の力で地球も暮らしもきれいにするTOTO(株)の環境技術です。

大気汚染を引き起こす有害物質であるNOxとSOxを光触媒作用によって分解し、大気を浄化するのがハイドロテクトタイル。しかも汚れにくいためメンテナンスにともなう洗剤や水を削減でき、河川・海洋への影響も少ない、まさに環境にやさしいタイルです。

 

光の力で、環境浄化

 

 

光触媒作用のメカニズム

 
植物の光合成と同じような仕組みで、光がハイドロテクトの光触媒(酸化チタン)層に光が当たると「分解力」と「親水性」を発生。それらは「空気浄化」や「セルフクリーニング」など、環境に役立つさまざまな効果を生み出します。
 


酸化チタンに光が当たると、「電子(e-)」や「正孔(h+)」が発生。 空気中の「酸素(O2)、水(H2O)」と反応して、さまざまな有機物や菌を分解する「活性酸素(O2−、・OH)」を、表面に発生させます。


酸化チタンに光が当たると、「チタン(Ti)」と空気中の「水(H2O)」が反応。 表面に、水と非常になじみが良い「親水基(-OH)」の膜ができます。

 

空気浄化のメカニズム

 
建大気中の汚染物質(NOx)を、光触媒作用で除去し、空気を浄化します。
 

 
太陽の光がハイドロテクト表面に当たると、活性酸素が発生します。その活性酸素が大気汚染物質の窒素酸化物(NOx)を酸化し、硝酸イオン(NO3-)に変化させることで、大気中から除去。空気をきれいにします。※硝酸イオンは、雨などにより流されます。
 

セルフクリーニングのメカニズム

 
ハイドロテクト表面の「光触媒層」に光が当たると発生する「分解力」と「親水性」。
その2つの働きが「セルフクリーンニング効果」を生み出します。
 

    「親水性」により空気中の水分で膜を形成。静電気による汚れの吸着を抑えます。

    光が当たると「活性酸素」を生成。汚れを分解し、付着力を弱めます。

    「親水性」により、雨水が表面に広がり、汚れを浮かせて洗い流します。

 

エコロジー

 

  • ハイドロテクト
  • クリーンコート

 

関連ページ

  • タイルのお手入れ
  • タイル施工法
  • 用語解説
  • タイルの品質管理
  • エコロジー