入社5年目 小林竜也(営業職)

  

Q1.転職のきっかけは?
元々は無形商材を販売している会社に所属していましたが、そこでの営業スタイルに疑問を感じ、
実績が目に見えて積み重なっていく建築業界に興味があり今のタイルメーカーに転職することになりました。
Q2.ダントーをえらんだきっかけは?
色々な会社を見ていく中でメーカーとしての営業に興味があり、その中でもタイルの老舗のメーカーである
ダントータイルに興味を持ちました。この会社は130年歴史があるため、この会社であれば安心して営業活動に取り組めるなと思い入社を決めました。
Q3.どんな研修がありましたか?
自社に工場を構えており、その自社工場の見学や協力工場の見学、さらには自社の倉庫や
物流拠点も見学することができました。
また営業に関しては、上司や先輩と一緒に同行営業して一通りのことは学ぶことができたと思います。
Q4.実際に仕事をしてみて思ったこと
タイルのメーカーということもあり、実際に受注が来たものに対してフォローしていくような
受動的な営業スタイルだと思っておりました。
実際に営業してみると、設計の方やハウスメーカーの方に向けてタイルのサンプルや見本を作成するなど、
人対人の営業スタイルだとわかりました。その方たちに向けてタイルの良さをどれだけ伝えるかということが
営業のポイントになると思います。
Q5.今の仕事のやりがいと大変なところは?
やりがいに関しては、やはり建物が完成した時は実感がわきます。
大変なことはたくさんありますが、例えばいざ納材する時にタイルの生産が追い付いていなかったり、
納材するタイルが欠品していたり、また、こういった社会情勢ですので輸入品のタイルに関しても
入荷がストップしてしまったなど、色々なケースがあります。
そのような状況で困っているお客様に対してこちらから代用品を提案させて頂き、無事に現場が納まった際の
お客様からの感謝がモチベーションに繋がります。
Q6.営業職でどんなスキルが身につきますか?
タイルは基本的に納期がついてまわる商品ですので、プロセス管理は自ずと身に付くと思います。
タイルの納期から逆算していつまでに打ち合わせをする、いつまでに発注を入れる、そしていつまでに納材する、
そういったスケジュール管理をすることになるので、スキルは必然的に身に付くと思います。
Q7.職場の雰囲気は?
首都圏営業所に所属していますが、基本的には和気あいあいとして和やかなムードで日々仕事をしています。
Q8.今後の目標は?
仕事の面ではゆくゆくは会社全体の数字を見るような上の立場の人間なりたいと思っています。
プライベートの方では、最近家族も増えたのでそろそろ家が欲しいと思っています。
皆さんに一言
このご時世なので就職活動も大変だと思いますが、自分の納得した企業、職場環境や会社の方針など色々ありますが、自分自身が納得できたところに就職するのが一番良いと思います。

 


 

入社4年目 布勢夕利子(総合企画職)

  

Q1.転職のきっかけは?
前職では不動産会社で営業をやっていましたが仕事内容が自分に合っていないと思ったことと、
残業がとても多かったことから転職をしようと思いました。
また、営業など前に出る仕事よりもサポート業務の方が向いていると思っていたので、
それができる仕事を探しました。

Q2.ダントーを選んだきっかけは?
面接時の会社の雰囲気と面接官の方の印象で、穏やかそうな会社だなと思ったので入社を決めました。
Q3.今の仕事は?
商品開発に関わる事務作業、総合カタログなど販促物の作成、お客様からのサンプル依頼の対応、
ショールームに来られた方の接客をしています。

Q4.仕事のやりがいと大変なところは?
ダントーの製品が実際に使われている現場を見た時や施工してある写真を見た時は嬉しいですし、
やりがいを感じます。商品開発の段階から関わっている製品だとなおさら嬉しいです。
大変なところは施工方法など技術的なことが難しいところで、入社して3年経つんですが、まだまだ知識が足りずに苦労しています。
ですが、周りの先輩とか他の部署の方にも質問しやすい環境なのでとても助けられています。

Q5.自分で取り組んでいることはありますか?
新しく商業施設ができたり、マンションが新しく建っているのを見たりしたときには、
タイルに限らずどのような建築部材が使われているのかを見て勉強するようにしています。
また、仕事に直結するかはわかりませんが、何か自分の将来のために資格を取れたらいいなと思って勉強しています。

Q6.今後どんな仕事がしてみたい?
私は事務職なので営業先があるわけではないのですが、
ショールームでの接客でお客様と直接お話できる機会が少しあるので、
そこでヒアリングした内容などを商品開発のアイデアに活かしていければいいなと思います。

皆さんに一言
コロナ禍の中でとても大変な就職活動だと思いますが、皆さんも自分に合った会社を見つけられるように頑張ってください。

>>採用情報TOP

PAGE TOP