タイル業界が1分でわかる。タイルメーカーのココが違う

タイルの知識

「タイルメーカー」と呼ばれる企業は世の中に多数存在します。一言で「タイルメーカー」と言ってもその成り立ちや形態は様々です。各社の独自性について触れていきます。

現代のタイル業界を語る上で、国産品と海外品の変遷についてご紹介します。タイルは元々古代に海外から日本に伝わって来た後、その生活様式に順応して国内で独自の進化を遂げました。しかしながら昨今では意匠面・量産面で国内でのシェアは海外品に年々押されているという実情があります。

国内タイルメーカーあれこれ

日本の国内タイルメーカーと言えばLIXIL、名古屋モザイク工業、ダントー(Danto)等があります。これらのメーカーはタイルの「総合メーカー」として国産品(自社品・OEM品)・海外品の両方、様々な需要に応えるべく、幅広いカテゴリの商品を取り扱っています。

総合住宅設備メーカー「LIXIL(リクシル)」

LIXILは旧・INAX(伊奈製陶)として広く皆さんに知られているメーカーです。

最大の特長は国内建材グループで最大手、住宅設備やサッシ等を様々な商品を取り扱うメーカーで、それ故に商品展開も多岐にわたり、LIXILだけでキッチンからお風呂、トイレ、リビングに玄関、外構、ガレージまで全て揃ってしまうため、幅広い層に受け入れられています。

輸入タイルメーカーの「アドヴァン」と「名古屋モザイク工業」

近年では海外品(輸入タイル)に特化したメーカー(商社) もあります。アドヴァンと名古屋モザイク工業です。

アドヴァンは元々タイル施工会社を発祥としていて、 主にヨーロッパやアジアを中心とした商材で業績を伸ばしており、毎年多くの斬新、且つ価格面で優位性のある商品が国内に入って来ます。それにより世界のトレンド品が手軽に手に入るというメリットを打ち出しています。

名古屋モザイク工業もタイル販売会社からスタートしているという経緯があります。

https://www.advan.co.jp/
タイルの名古屋モザイク工業
タイルの名古屋モザイク工業株式会社。モザイクタイル・ガラスモザイク・輸入タイル・ 外装タイル・内装タイル,インテリアタイル・エクステリアタイルなど10000点以上の国内外のタ イルを幅広く取扱う総合メーカー。全国にタイル専門のショールームを展開。正社員を数名募集しています。

特色を持った国産品メーカー

一方で国産品メーカーはどうでしょうか。

岐阜県多治見市などの地域にはタイル業界における「産地」があります。

これらの企業はいわゆる「窯元」であり、基本的には先程紹介した「総合メーカー」等に対して商品を供給する形態を取っていますが、近年では押し寄せる海外品の波に対抗すべく創意工夫を凝らし独自性を前面に押し出しています。

例を挙げると乾式プレスメーカーでは日東製陶所、杉浦製陶、湿式押出成形メーカーでは国代耐火工業等が有名です。

株式会社 日東製陶所
株式会社日東製陶所は、タイルをとおして、豊かな街づくりに貢献する。 これまでも、そしてこれからも、変わらぬ理想の企業像を目指します。
SUGY 杉浦製陶株式会社
岐阜県多治見市のタイルメーカー、杉浦製陶は、金型・陶土・釉薬・成形・焼成・ユニット加工を自社一貫生産できる 国内唯一のタイルメーカーです。お客様の様々なニーズにお応えするため、日々研究、開発に努めております。
AGORABRIX 国代耐火工業所 |
わたしたち国代耐火工業所は、岐阜県の山すそに工房をかまえ 先人の陶工が作り上げた技法を受け継ぎながら 長年の経験と最新の技術で、セラミックの原点であるレンガを中心に建材を製造しております。

国内最古のタイルメーカー「ダントー」

国内最古のメーカーとして知られているのがダントーです。

ダントーは創業の起源が文政年間の蜂須賀藩のお手窯であり「珉平焼」という焼き物にあります。

焼物の焼成技術を生かし、美しいマジョリカタイルからオフィスビルや住宅の内外装タイルまで、130年以上に渡って製造しています。
淡路島にある工場では今も変わらず、国産タイルの開発を進めています。

株式会社DantoTile | ダントータイル
創業130年超えの総合タイルメーカー、株式会社DantoTile(ダントータイル)のホームページです。2019年総合カタログ公開中。新商品CLD(リミテッド)発売中。ショールームの予約、サンプル請求もこちらから。内装壁、内装床、外装床、外装壁、外装壁モザイク、天然石など様々な用途に応じたタイルをご提供。

まとめ

同じタイルメーカーといっても、自社でタイルを製造しているメーカー、自社で工場を持たず海外品をはじめとする企画・仕入・販売というスキームを持つメーカー等いろいろです。

国産品・国内工場のメリットはどこにあるのか。海外品のように世界のトレンドやデザインを取り入れるというある意味での受け身ではなく、設計者やデザイナーがメーカーと一緒になって「ものづくり」をする場合、国産品の方が開発のスピード感、イメージ・ニュアンスの伝達、品質管理面、試作品を短期間で確認することが出来るという様々な点においてメリットを発揮します。

建築・建設業界も世界の景気変動やサスティナブル社会の到来により既に大きな変革期を迎えています。当然その一部であるタイル業界も例に漏れず変革を迫られます。

多くのメーカー・商社・工場が独自性を打ち出していくことになるでしょう。その過程でこの歴史の古い・伝統的なタイル業界にも変化が訪れるかもしれません。

本来のメーカーという意味合いから独自に進化した現在とその背景を皆さんが商品を選ぶ際にその歴史も一緒に覗いてみると面白いかもしれません。

(注)本記事は、株式会社DantoTile独自の見解になります。

タイトルとURLをコピーしました