畳の部屋から大変身!室内に使えるタイルお教えします

タイルの用途

畳の部屋からタイルを使いインテリアに上質感をプラスし、ホテルライクな空間へ様変わりさせては如何でしょうか?

部屋の床材

タイルは玄関の床やキッチン、トイレ、浴室等の水回りなどに使用されているイメージがありますが、リビング床タイルとしてもご使用いただける部材になります。

 一般的なお部屋の床材としては畳、絨毯、木材(フローリング)などが使用されるケースがありますが、タイルには表面のテクスチャー(面状)や天然木をイメージした木タイル、天然石の風合いをイメージしたタイルなどが増えており、表情豊かな部材です。

そのため室内のイメージをより豪華に彩ってくれる意匠性がタイルにはございます。

タイルにするメリット

畳、絨毯、フローリングに比べ防汚性・耐水性・耐火性にも非常に優れているのもタイルの特徴になります。

例えば、ケチャップやカレー等をこぼしてしまってもふき取れば汚れを取ることができ、シミが残ってしまう心配がありません。

また、木材ベースのフローリングと違い水掛かりや経年劣化による反りも起きませんので、他の部材に比べお手入れが楽な部材と言えるでしょう。

選択肢色々

まずはカタログで内装床タイルを検索ください。様々なテクスチャー(面状)、色合、形状を見ることで、想像力が膨らみます。

オーソドックスなイメージのお部屋からホテルライクな空間を演出するタイルと出会えるでしょう。

まとめ

畳からフロアタイル。
木からフロアタイル木目。
フローリングからフロアタイルリビング。

いろいろな選択肢がありますが、ぜひタイルも検討してみてください。

床材を変えることで、ワンランク上のお部屋にイメージを変えてみてはどうでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました